媒介契約|不動産売却の理由を今一度見直して適切な売却を

不動産売却の理由を今一度見直して適切な売却を

媒介契約

女の人

媒介契約が藤沢での不動産売買にもたらす意義についてお伝えします。媒介契約とは、仲介業務のトラブルを未然に防ぐという大きな意義があります。媒介契約を行なうことで、藤沢の対象不動産における仲介業務の具体的な内容や仲介手数料を明確化できるのです。仲介業務や仲介手数料の明確化は契約後に発生する恐れのある各種トラブルを未然に防ぎます。また、この媒介契約は仲介業者を用いた際には必ず行なわなければならないと法律で定められています。
では続いて、媒介契約の種類を見ていきましょう。媒介契約は具体的には三つの種類に分けられており、「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」がそれにあたります。この時注意点として挙げられるのは、依頼する仲介が購入に関するものである場合、適用される媒介契約は一般媒介になるという点です。また、この一般媒介はさらに二種類に分かれます。「明示型」と「非明示型」の二種類です。明示型の一般媒介契約では、依頼中の仲介業者を、別途依頼を行なっている仲介業者へ通知する必要があります。一方で、非明示型の一般媒介契約ではその必要はありません。
また、媒介契約を結ぶ前にはいくつかの点を不動産会社へ確認しておくべきでしょう。その確認点は二種類あります。まずは購入の条件です。藤沢で購入する不動産の希望額や時期といった内容を今一度不動産会社へ伝えておくことが大事です。もう一点は、藤沢で行なわれる仲介業務の内容確認です。提示された内容をしっかりと確認することで後のトラブルを未然に防ぎます。
不動産の購入は大きな買い物です。媒介契約も慎重に行ないたいですね。